大和ハウス/福島県須賀川市のJT工場跡に3.2万m2物流施設

2019年12月03日 

大和ハウス工業は12月3日、福島県須賀川市にマルチテナント型物流施設「DPL須賀川」を建設すると発表した。

<外観パース>

DPL須賀川

JT東日本原料本部工場跡地(総敷地面積:8万7686.26m2)の一部に、延床面積3万2000m2の平屋建て施設を建設する。2020年2月1日に着工し、2020年12月の竣工、2021年1月の入居を目指す予定だ。

最大4テナントが入居でき、8000m2の区画から利用可能。インターネット通販事業者や小売業者、東北全域への配送を手がける事業者など、複数のテナント企業の入居を想定し、昨今の物流業界における市場環境の変化に伴った幅広い物流ニーズに応える。

隣接地には、2区画(約2万m2/区画)の工業団地を設けており、企業の物流施設や製造施設、研究所など事業展開に沿った大型施設をはじめ、エリア拠点の新設などが可能。

<周辺図>

東北自動車道「須賀川IC」まで1kmと、東北全域へのアクセスが容易なため、物流エリアの広域化・複雑化が進む中で、テナント企業のニーズに応えることができる立地で、JR東日本「須賀川駅」まで1.9kmと職住近接の就労環境が整っており、須賀川市が作成した洪水ハザードマップの浸水地域にも該当していない上、造成時に福島県や須賀川市と協議を行い、地盤面が浸水しないよう計画する。

なお、DPL須賀川は、大和ハウス工業にとって福島県内で「中通り」地区最大のマルチテナント型物流施設「DPL郡山」(敷地面積5万6313.34m2、延床面積3万7967.96m2)に次いで、2棟目のマルチテナント型物流施設となる。

■DPL須賀川
所在地:福島県須賀川市茶畑町25-3・4
交通:JR東日本「須賀川駅」1.9km
敷地面積:4万7633.23m2
建築面積:3万2235.78m2
延床面積:3万2167.80m2
賃貸面積:3万1997.92m2
構造・規模:鉄骨造 平屋建て
建物用途:マルチテナント型物流施設
事業主:大和ハウス工業
設計・施工:竹中工務店
着工:2020年2月1日
竣工:2020年12月15日
入居:2021年1月(予定)
総投資額:50億円

最新ニュース

物流用語集