三井不動産/船橋の新物流ICTショールームで展示製品を募集

2019年12月02日 

三井不動産は、2020年2月に千葉県船橋市にオープンする物流ICTショールーム「MFLP ICT LABO 2.0」で、展示製品を広く募集している。

<MFLP ICT LABO 2.0(完成イメージ)>

<ソリューションブースイメージ>

募集期間は2020年1月15日まで。ラボの趣旨に賛同・協力できる企業が保有する、物流企業の課題解決や業務効率化、省人化等に寄与する先進的なICT関連製品などが対象だ。

「MFLP ICT LABO 2.0」は、2017年10月にオープンした現ラボが好評だったことや、機械化や省人化ニーズのさらなる高まりを受けて、街づくり型ロジスティクスパークプロジェクト「MFLP船橋」の一部として開設予定の「MFLP船橋・&GATE」内に面積を10倍、展示機器数を2倍以上に拡大移転するもの。

入荷から出荷まですべての物流業務フローを自動化した「フルオートメーション物流モデル」を展示する計画で、各分野の最先端物流ICT機器を選定するとともに、在庫管理や各機器の処理能力・起動スピードの調整を行うWMS(倉庫管理システム)を一から構築。

トラックコンテナの商品が搬出されるところから、トラックコンテナに商品が積載されるまで、人の手を借りずに荷物が流れる姿を物流施設の顧客に見てもらうことで、ソリューション提案力を強化する。

■募集要項
A.対象企業:2020年2月オープンを予定しているラボの趣旨に賛同いただき、ご協力頂ける企業

B.対象機器・ソリューション:
①物流企業様の課題解決や業務効率化、省人化に寄与する製品
②最先端の商品(ただし、現在購入可能もしくは発売予定のもの)
③その他(ソフトウェア、暑さ対策や職場環境を改善するもの等)

■募集スケジュール   
募集期間:2019年11月15日~2020年1月15日
設置日:2020年1月31日まで
選定は随時、採用数が一定量に達した場合は締め切りとなる。

■応募フォーム
https://dms-cp.com/form/mitsuifudosan/ict-labo-inquiry

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集