三井物産都市開発/雇用確保有利な狭山市に1万m2の物流施設着工

2019年12月02日 

三井物産都市開発は12月2日、埼玉県狭山市で開発を進めている「LOGIBASE新狭山」の新築工事を着工したと発表した。

<LOGIBASE 新狭山 完成イメージ>

LOGIBASE 新狭山 完成イメージ

<位置図>

位置図

竣工は2020年11月末日を予定しており、現在入居企業を募集中だ。

立地は新宿・池袋から約30km圏の川越・狭山工業団地内に位置している。新潟県と東京都をつなぐ関越自動車道・川越IC至近で、且つ首都圏の一大消費地への配送に至便な国道16号線に容易にアクセスでき、交通利便性に富んでいる。

高速道路利用時の60 分配送圏には高崎市・佐野市周辺から八王子や品川周辺まで含まれており、製造業の配送拠点のみならず、食品・日用雑貨等の域内配送等、多様なニーズに応えうる場所となっている。

また、交通インフラについてはJR線・東武東上線の乗り入れる「川越駅」へ1駅で乗り換え可能であり、雇用確保の面においても、最寄駅周辺には住宅地が広がっており、良好な環境であると考えている。

■計画概要】
所在:埼玉県狭山市新狭山1-13-3(地番)
アクセ ス:関越自動車道「川越」IC から約2.7 km
最寄駅:西武新宿線「南大塚」駅から徒歩約19分、「新狭山」駅から徒歩約22分
用途:物流倉庫(倉庫業を営む倉庫)
用途地域:工業専用地域
竣工:2020年11月30日(予定)
敷地面積:約 5309m2
延床面積:約1万790m2
構造・規模:鉄骨造、地上4階建

■主な仕様・設備
床荷重:1.5t/m2(1~4 階倉庫エリア) ※事務所エリアは0.5 t/m2
天井高:梁下有効5.5m 確保
照明:全館LED 照明
搬送機:垂直搬送機 (積載荷重1.5t、W1,700×D1,500×H2,500) 2基
荷物用EV (積載荷重3.5t、W3,000×D4,000×H3,150) 1 基
駐車場:トラック待機場 / 4台、 乗用車駐車場 / 27台

最新ニュース

物流用語集