ZMP/最大可搬800kg、CarriRo ADの重量版モデル出荷開始

2019年11月29日 

ZMPは11月27日、「CarriRo AD(自律移動モデル)」の重量版モデル「CarriRo AD+(プラス)」の出荷を12月から開始すると発表した。

<CarriRo AD+(プラス)>

CarriRo AD+

価格は5年リースで台車タイプが7万3000円/月(税抜)、パレット積載タイプが8万2000円/月(税抜)。

CarriRo AD+の最大可搬重量は800kg(積載200kg、牽引600kg)と、CarriRo ADの2倍以上を実現。

ハンドルが搭載された台車タイプと、ハンドルを取り外してパレット台車の下に潜り込んで搬送するパレット積載タイプの2タイプを同時リリースする。

<パレット台車との自動着脱のイメージ>

パレット積載タイプには、特定の場所でパレット台車を自動で切り離す機能と、フォークリフトに乗った状態でタブレットで操作が可能なリモートコントロール機能を新たに搭載。

2019年内に出荷開始を予定している無人フォークリフト「CarriRo Fork」と協働させることで、無人フォークリフトを複数台導入する場合と比べて、大幅に導入コストを抑えてパレット搬送の無人化を実現できる。

■CarriRo AD+の主要スペック
本体重量:55kg
大きさ:幅61cm×奥行91cm×高さ24cm(ハンドル部96cm)
最大積載荷重:200kg
最大速度:3km/h(自律移動モード)
牽引力:600kg相当
充電時間:2時間半
稼働時間:8時間

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集