東京都港湾局/東京港青海ふ頭で500個体以上のヒアリを確認

2019年11月29日 

東京都港湾局は11月29日、東京港青海ふ頭において、この9月から10月にかけて特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)の女王アリが多数確認されたことを受け、東京都と環境省が協力して実施してきた青海ふ頭内調査で、11月28日にアリ500個体以上が確認され、専門家による同定の結果、ヒアリと確認されたと発表した。

2017年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は2019年11月29日現在で15都道府県、計47事例。

発見の経緯は、環境省が実施する青海ふ頭内調査において、調査事業者がコンテナヤードの舗装面にヒアリと疑わしいアリ500個体以上を目視で確認。ヒアリまたはアカカミアリの疑いがあったため、関東地方環境事務所及び調査事業者が、確認箇所周辺に殺虫剤(液剤)を集中的に散布・注入。関東事務所が専門家に同定を依頼。専門家がこのアリがヒアリであることを確認した。

なお、青海ふ頭内で確認されたヒアリについては、これまでに都内の住宅地等においては発見されておらず、ふ頭内で発見されたヒアリについても既に駆除している。

■「ストップ・ザ・ヒアリ 改訂版」(環境省資料)
http://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/20190314hiari.pdf

■「気をつけて!危険な外来生物」(東京都環境局特設サイト)
http://gairaisyu.tokyo/species/danger_15.html

最新ニュース

物流用語集