日鉄興和不動産/兵庫県尼崎市に10万m2のBTS型物流施設着工

2019年11月28日 

日鉄興和不動産は11月28日、兵庫県尼崎市において近畿圏第2弾となる物流施設「LOGIFRONT尼崎II」を着工すると発表した。

<「LOGIFRONT尼崎II」外観完成予想CG>

「LOGIFRONT尼崎II」外観完成予想CG>

<位置図>

位置図

<起工式を終えて握手する右からフクダ・アンド・パートナーズ 福田哲也社長、 日鉄エンジニアリング 藤原真一社長、 日鉄興和不動産 今泉泰彦社長>

起工式を終えて握手するフクダ・アンド・パートナーズ 福田哲也社長、 日鉄エンジニアリング 藤原真一社長、 日鉄興和不動産 今泉泰彦社長

「LOGIFRONT尼崎II」は、 総延床面積約3万坪の4階建て専用物流(BTS型)施設で、2021年1月末の竣工を予定している。

「LOGIFRONT尼崎II」は、大阪市中心街から10km圏内に位置し、阪神高速道路湾岸線「東海岸IC」から約1km、「中島IC」から約4km、阪神高速道路神戸線「尼崎東IC」並びに「尼崎西IC」から約5kmで関西圏全体を網羅する広域配送の物流拠点として最適な立地を活かした大規模集約拠点として計画している。
 
また、この施設は1階の両側にバースを配置した4階建てのBOX型としており、テナントのニーズに合わせた専用物流(BTS型)施設としてブレースの無い純ラーメン構造や全館空調など様々なカスタマイズを行っている。

さらに、施設面ではテナントにとって効率的な柱スパンで計画するとともに、1階の梁下有効高さを7mにするなど、保管や配送効率に配慮したMHS計画も可能としており、職場環境の面では、ドライバー休憩室の設置や、従業員専用駐車場、同駐輪場の確保、外壁には断熱性の高いサンドイッチパネルを採用し、屋根をダブル折版とするなど、従業員が働きやすい職場環境の整備を行っている。

■「LOGIFRONT尼崎II」計画概要
名称:LOGIFRONT尼崎II
所在地:兵庫県尼崎市東海岸町20-1他(地番)
交通:阪神高速道路湾岸線「東海岸IC」約1km、 「中島IC」約4km
   阪神高速道路神戸線「尼崎東IC」並びに「尼崎西IC」約5km
敷地面積:5万134m2
延床面積:10万1340m2
階数:鉄骨造4階建
設計・監理:フクダ・アンド・パートナーズ
施工:日鉄エンジニアリング
スケジュール:2019年12月着工、 2021年1月末竣工予定

最新ニュース

物流用語集