SBSゼンツウ/生活物流部門で改善事例発表会を開催

2019年11月28日 

SBSゼンツウは、11月23日、埼玉県戸田市の戸田市商工会館において「第4回 改善事例発表会」を開催したと発表した。

<表彰を受けた受賞者と各役員>

表彰を受けた受賞者と各役員

この発表会は、各事業所で取り組む改善事例を参考に改善の発想・定石の共有化を図ることで、改善活動を活性化することを目的に開催し、今年で4回目を迎えた。

出場したのは、生活物流部門全営業所で編成した改善チームの中から、書類審査により選ばれた10 チーム。改善テーマは荷主からの要望を踏まえ、各チームで課題を抽出の後、仮説を立て目標設定した。各チーム12分間の持ち時間で、改善活動の取り組み、改善効果、荷主からの評価などをプレゼンテーション形式で発表した。

審査項目は、「発表」「資料の完成度」「発想・行動力」「改善効果」「最終的な改善効果を重視する項目」「他の事業所でも実施できる」の8項目で、9名の審査員による採点を通じて、1位から3位までを決定した。

■結果
1位 大阪宅配課豊中営業所 岩井祐一 「残業時間の削減」
2位 東都・南部宅配課小平営業所 三ヶ尻和哉 お申し出を削減し入電率を改善することで利用人数を確保する
3位 石川宅配課小松営業所 石原基和 配送品質向上による組合員・コープいしかわからの信頼獲得

最新ニュース

物流用語集