川崎汽船/シンガポール初LNG燃料供給船の船舶管理契約を締結

2019年11月28日 

川崎汽船とFueLNG Pte Ltdは11月28日、FueLNG社が保有・運航する7500m3型LNG燃料供給船の船舶管理契約を締結したと発表した。

<LNG燃料供給船(イメージ)>

LNG燃料供給船(イメージ)

この船は2020年下期にFueLNG社に引き渡された後、世界最大の燃料供給拠点であるシンガポールにおいて初のLNG燃料供給船としてサービスを開始する予定。

川崎汽船グループが36年以上に渡って蓄積したLNG輸送及び船舶管理の知見と、FueLNG社の160回以上に及ぶTruck to ShipによるLNG燃料供給の知見を活かし、安全且つ安定的なLNG燃料供給サービスの提供に従事する。

LNG燃料は重油に比べて大気汚染物質や温室効果ガスの排出を低減でき、国際的に強化される船舶の排出ガス規制への対応としても、重油に代わる有力な燃料と位置付けられている。

川崎汽船グループは環境に関わる長期指針「環境ビジョン2050」に基づいてGHG排出削減の取組みを促進し、世界中の多くの人々により環境に低負荷で高効率な物流サービスを提供していく。

川崎汽船は、シンガポールでの安全且つ安定的なLNG燃料供給を実現し、LNG燃料の普及と環境保全に貢献していくとしている。

最新ニュース

物流用語集