三菱地所/AI解析技術を活用、倉庫運営コンサルサービス実証

2019年11月27日 

三菱地所は11月27日、更なるテナントサービスの向上を目指して、ニューラルポケットのAI解析技術を活用した倉庫運営に対するコンサルティングサービスの導入に向けた実証を開始すると発表した。

<「ロジクロス名古屋笠寺」庫内の様子(高末 入居区画)1>

「ロジクロス名古屋笠寺」庫内の様子(高末 入居区画)1

<「ロジクロス名古屋笠寺」庫内の様子(高末 入居区画)2>

「ロジクロス名古屋笠寺」庫内の様子(高末 入居区画)2

<天井に設置した解析用カメラ>

天井に設置した解析用カメラ

<天井に設置した解析用カメラ(写真天井の赤い部分>

天井に設置した解析用カメラ(写真天井の赤い部分

<「ロジクロス名古屋笠寺」外観>

「ロジクロス名古屋笠寺」外観

この取り組みの第一弾として、11月25日より、三菱地所が開発・運営する物流施設「ロジクロス名古屋笠寺(愛知県名古屋市)」で、テナント2社協力のもと倉庫内にカメラを設置し、庫内の動線や作業員による作業の様子を記録・AI解析する。解析結果をもとに、三菱地所はテナントに向けた最適な倉庫運営の提案を行い、高付加価値サービス提供の可能性を検討する。

三菱地所グループの物流施設事業において、AI等のテクノロジーを用いたコンサルティングサービスの導入に向けた実証を行うことは、今回が初の試みとなる。

この取り組みでは、ニューラルポケットのAI解析技術を用いて得られた結果をもとに、より効率的な倉庫運営に向けたコンサルティング案を作成し、その提言効果を踏まえ、サービスとしての実現可能性を検証する。物流施設における総合的なソリューション提案を目指し、ハード面のみならず、ソフト面においてもテナントへの提案を進めていく。

検証内容の一例として、倉庫内の動線部に複数台の解析用カメラを設置し、ヒト(作業員)とモノ(AGV:自動運搬装置。自動で貨物を搬送する)が往来する様子を撮影・記録する。動線が効率的に構築されているか、ボトルネックや交錯の可能性がないかを確認し、効率的なレイアウト実現に向けた提言を行う。

また、今回の取り組みの結果を今後の物流施設開発・運営管理にも活かしていき、一層競争力の高い施設づくりを進めていく予定。今後もテナント企業にAI技術等の新しい技術の活用を含めた付加価値の高いサービスを提供していくとしている。

■検証内容概要
主催:三菱地所、ニューラルポケット
目的:AI画像解析技術を用いて、庫内の動線や作業員による作業の様子を解析。解析レポートを用い、庫内コンサルティングによるテナント企業の課題改善、施設サービスの向上を目指す。
期間:11月25日~12月20日(予定)
開催場所:ロジクロス名古屋笠寺
協力企業:高末、八神製作所(五十音順)
内 容:入居テナントである協力企業2社の専有部内にカメラを計5台設置し記録。映像を AI解析し、倉庫内運営の改善機会を捉え、倉庫内運営の最適化に向けたソリューション提案の実現可能性を検証。

■「ロジクロス名古屋笠寺」の物件概要
所在地 愛知県名古屋市南区東又兵ヱ町一丁目57番2(住居表示)
敷地面積:約3万3200m2
延床面積:約8万600m2
規模・構造:地上4階・S造
運営管理 三菱地所(一部の業務を東京流通センターに委託)
用途:マルチテナント型物流施設
竣工:2019年1月31日

最新ニュース

物流用語集