国交省/那覇空港に第2滑走路、2020年3月26日運用開始

2019年11月26日 

国土交通省は11月26日、沖縄県の那覇空港に第2滑走路を増設し、2020年3月26日から運用開始すると発表した。

<那覇空港滑走路増設事業>

那覇空港滑走路増設事業

<那覇空港国際線ターミナル地域再編事業の全体図>

那覇空港国際線ターミナル地域再編事業の全体図

<高さ地上88m(8階建)の新管制塔>

高さ地上88m(8階建)の新管制塔

<新管制塔の位置図>

新管制塔の位置図

これに先立ち、2020年1月15日から管制官の慣熟のために新管制塔の運用を開始する。

第2滑走路増設事業は、沖縄県と国内外を結ぶ人流・物流の拠点として極めて重要な役割を果たしている那覇空港を、さらなる沖縄振興を図るため、2013年度から工事を進めていたもの。

増大するインバウンド需要に対応するため、滑走路処理容量が約2倍近くになることから、人流・物流ともに、その活性化が期待されている。

今後、残りの工事を完成させるとともに、無線施設等の検査、航空法の手続き、航空会社等への周知等を経て、供用を迎えることになる。

■事業概要
滑走路処理容量:13.6万回/年→24万回/年
総事業費:約2074億円
第2滑走路:2700m×60m(第1滑走路は3000m×45m)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集