TDS/輸送のロスを改善、新タイプの貨物輸送用容器発売

2019年11月21日 

太陽工業のグループ会社TDSは11月21日、貨物運送から荷物の保管・管理業務などを展開するジェイカスと共同で、現場での荷物積み替え作業を大幅に効率化し、輸送のロスを飛躍的に改善する「スリットコンテナー」(特許出願中)を開発、12月より正式販売を開始すると発表した。

<スリットコンテナーの作業手順>

スリットコンテナーの作業手順

<オレンジ色の部分がスリットコンテナー>

オレンジ色の部分がスリットコンテナー

<横から見たスリットコンテナー>

横から見たスリットコンテナー

「スリットコンテナー」は、フォークリフトによる荷物の移動や積み降ろしがパレット無しで行える、輸送効率化マテハンの一種となる。

TDSの親会社で大型膜面構造物(大型テント)メーカーの太陽工業が、物流業界で高い信頼と実績を誇るフレキシブルコンテナーバック「TAICON(タイコン)」と同じオレフィン系の膜素材で製造、コンテナーの底部分にスリット(分割部)を設けた特殊仕様で、コンテナー内の荷物に触れることなく移動・保管・積み替え作業が行える(特許出願中)。

パレット出荷で生じる無駄(荷物積み降ろし後から回収までの滞留ロスや紛失リスク、それによる不要な追加補充など)を解消すると共に、使用後はコンパクトに折り畳んで即時回収出来るため、物流資材の回転率アップや貨物スペースのロス解消による輸送コストの低減を実現する。

また、輸送現場の労働環境面でも、手作業で貨物を積み降ろしする「手荷役」から解放され、ドライバーの負担軽減にも有効。

標準仕様は、本体内寸で1100ミリ×1100ミリ×高さ1400ミリ、対象荷物は、平面サイズで950ミリ×950ミリ~1100ミリ×1100ミリ、高さは1000ミリ~1300ミリに対応し、約600キログラムの重さに耐える事が可能(サイズ、最大重量等はオーダー対応も行う)。

12月より一袋 1万1000円(税抜き)で販売開始すると共に、輸送効率化マテハンとして、「スリットコンテナー」の物流管理システムも含めたサービスをTDSより供給する。

TDSでは、「スリットコンテナー」による輸送効率化を、新事業の一つとして捉え、5年後にはこの事業の売上を20億円規模に拡大させる方針で、それら製品・サービスの供給を通じて、輸送業界が直面する積載率の低下や時間当たり実車率などの諸問題を改善していきたいとしている。

最新ニュース

物流用語集