三井E&S M/トルコとスウェーデン向け港湾荷役用クレーンを受注

2019年11月21日 

三井E&Sマシーナリーは11月21日、トルコのYilport Holding Inc.(Yilport)よりトルコ ゲムリック港向けに三井パセコポーテーナ(岸壁用ガントリークレーン)4基及び電動式三井パセコトランステーナ(ヤード用トランスファークレーン)6基を、またスウェーデン ガブレ港向けに三井パセコポーテーナ(岸壁用ガントリークレーン)3基を受注したと発表した。

<トルコ ゲムリック港>

トルコ ゲムリック港

Yilportは石炭、鉄鉱石、肥料等の輸出入、海運業等を手掛けるYildirim Holding Inc. の100%子会社。Yilportはトルコ国内にコンテナターミナルを5つ持ち、既に三井E&Sマシーナリーはポーテーナ12基とトランステーナ36基を納入済みだが、トルコだけにとどまらず、世界8か国・16ターミナルの運営も行っている。

受注したゲムリック港には、2015年にポーテーナ4基、2014年にトランステーナ9基更に2017年にはトランステーナ4基を納入している。ゲムリック港の繁忙に加え、クレーンのパフォーマンスの良さが評価され、今回の受注につながった。

ゲムリック港に収めるポーテーナはコンテナ23列に対応し、18,000TEU船の荷役が可能です。またガブレ港に納めるクレーンはコンテナ22列対応で、1万4000TEU船に対応可能な大きさで、トラック位置検出機能を装備すると共に半自動荷役機能も搭載した最新鋭のクレーンとなっており、同港の更なる荷役効率向上に寄与する。

ガブレ港はスウェーデン中央部に位置し、スウェーデンの良質な鋼材の輸出が盛んな港であり、今回の設備投資により今後大いにコンテナ荷役量の増加が望めるターミナルだ。

ガブレ港向けポーテーナ受注は、三井E&Sマシーナリー当社にとってヨーロッパにおいて初めての三井パセコポーテーナの受注となり、今後もこの実績をもとにヨーロッパでの事業展開を拡大していくことを目指していくとしている。

最新ニュース

物流用語集