モノフル/配車・集車業務を効率化する新サービス開始

2019年11月20日 

モノフルは11月20日、配車・集車業務の効率化に寄与する新サービス「配車プラス」の提供を開始した。

<メイン画面イメージ>

<配車業務に周辺業務を「プラス」したワンストップサービスを提供>

新サービスは、「車建て」「配車計画」「配車手配」「誘導・運行管理」といった配車業務全般をカバー。今回は、「配車計画」「配車手配」の2機能をリリースしており、残る「車建て」「誘導・運行管理」についても近く提供を開始する予定。

また、モノフルが提供する「トラック簿」と連携したバース予約機能など、社内外あらゆるサービスと連携することで、周辺業務も含めたワンストップサービスを展開していく。これらの展開によって、1年以内に1か月あたり1万件程度の配車成約を実現する見通しだ。

配車プラスを利用することで、企業はアナログ管理している情報をデジタル化することができ、配車計画の作成や協力運送会社への配車指示書のFAX送信といった日々の配車業務を効率化できるほか、担当者間や拠点間での情報共有が容易になる。

また、繁忙期などの物流増で車両が不足した際には、配車プラス利用企業や求貨求車事業者とのシームレスな求貨求車を実現できる。さらに、デジタル化によって蓄積されるデータを活用することで、拠点間の車両の融通やラウンドユース、他社との共同配送など、輸送の生産性向上に寄与するさまざまな展開が可能になる。

<トランコムが提供する求貨求車サービスとの連携>

また、モノフルは今回、求貨求車サービスを提供するトランコムと業務提携しており、同社と連携することで突発的な求車ニーズに対応する「スピード求車」機能を2020年2月から段階的に提供していく予定。この機能では、配車プラス上からダイレクトにトランコムへ求車依頼を発信し、トランコムが独自ネットワークで確保した車両の提供を受けることが可能だ。

配車プラスについては、すでに大阪や名古屋に拠点を持つ総合物流業のハルテグループが導入を決めており、2020年初から5拠点で運用し、自社便を含め1日に300台行っている配車業務の効率化を推進する予定。

ハルテGCの岩崎 陽治郎常務は、「配車プラスには、配車業務支援や求車求貨マッチングだけでなく、物流に関わるコア業務からノンコア業務まで全体をワンストップで対応できるプラットフォームサービスとして期待している」とコメントしている。

<モノフルの藤岡 洋介社長>

藤岡 洋介

モノフルの藤岡 洋介社長は、「配車プラスでは、配車業務に求車求貨やバース管理、WMSなどのあらゆる周辺サービスが有機的に連携することで、サービス利用者の物流をさらに効率化することができる。これは、モノフルが目指す『ロジスティクス・エコシステム』の概念に基づくもの。配車業務のほかにも、モノフルではバース管理や動態管理などの分野で自社開発や他社との提携によって新たなサービスを提供してきた。今後も志を同じくする企業や人々との連携し、ドライバー不足や効率化といった物流業界の課題解決に寄与していきたい」と語った。

■配車プラス
https://monoful.jp/dplus/

最新ニュース

物流用語集