日本郵便/アマゾンと置き配普及へ実証実験開始

2019年11月18日 

日本郵便は11月18日、アマゾンジャパンと協力し、指定場所配達(置き配)サービスの普及に向けた実証実験を行うと発表した。

実証実験は、11月18~24日にかけて実施。広島県廿日市市内の廿日市郵便局配達区域内を対象とし、Amazonで購入された商品の配送手段として「指定場所配達サービス」を選択できるようにする。

指定場所は、玄関前、宅配ボックス、ガスメーターボックス、自転車かご、車庫、建物内受付の中から選択可能。

今回の実証実験で、再配達の削減に向けた取り組みを一層進める狙いだ。

■実証実験概要
期間:11月18~24日
対象地域:広島県廿日市市内(廿日市郵便局の配達区域に限る)
実験内容:Amazonで商品を購入した際に、配送地域が対象地域の場合は、「指定場所配達サービス」を選択できるようにする。

最新ニュース

物流用語集