三菱ロジスネクスト/新川崎事業所で新型バッテリフォーク発表

2019年11月14日 

三菱ロジスネクストは11月14日、新川崎事業所で新型カウンターバランスタイプバッテリーフォークリフト「ALESIS(アレシス)」をお披露目した。

<ALESIS(アレシス)登場>

ALESIS(アレシス)登場

<アレシス2.5t車>

写真はアレシス2.5t車

既に、西日本では11月12日に京都本社で発表していたが、東日本では初お目見えとなった。

三菱ロジスネクストの御子神 隆社長は「現在の人手不足は物流業界にとっては喫緊の課題。そのために、誰にでも扱いやすく、魅力ある機能を備えたフォークリフトを開発した。さらに、欧州の感覚に沿ったデザインも採用し、スタイリッシュなモデルが完成した。このアレシスが今後のスタンダードモデルとなることを期待したい」と語った。

<カスタムフィーリングシステムを操作しての運転>

<カスタムフィーリングシステムの操作部>

カスタムフィーリングシステムの操作部

アレシスの特徴の一つに多機能集中制御システム「SiCOS」の搭載がある。これは、オペレーターのスキルに合わせて加速力やレバー、アクセル反応速度等の操作フィーリングを調整することが可能な「カスタムフィーリングシステム」を活用したもの。これにより、さまざまなレベルのオペレーターに対応した運転操作が実現した。そのプログラムは呼出すことで、自分の最も扱いやすい運転操作が利用できる。

また、バッテリー落とし込みとハイマウントアクスル構造の採用により、低重心化を図り、従来車と比べ旋回時の安定性を改善し、スムーズな旋回を可能にした。

<水槽に入れたアヒルの人形は大きくゆれるということはなかった。>

<突起物を置いての走行デモ。ほとんど音もなめらかだった。>

さらに、路面からの振動や衝撃を吸収・緩和し、荷物の破損防止やオペレーターへの負担を低減する「グッドランニングシステム」を搭載。水槽未の中に入れたアヒルの動きを見るデモを行ったが、ほとんど揺れていなかった。倉庫内での突起物に対する走行でも、ほとんど音もなく滑らかな走行を見せた。

<アレシス1.5tの前で御子神 隆社長(右)と各務 眞規副社長>

アレシス1.5tの前で御子神 隆社長(右)と各務 眞規副社長

なお、ALESISとは、社内公募で選ばれたもので、予言の鳥というラテン語を元にした造語。今後にはばたくイメージも持たせている。渡邊博一常務執行役員国内営業本部長は「年間販売目標は8000台としているが、これはこれまでの販売実績にある程度プラスアルファした数字だ。1.5tと2.5tの割合は約8対2の割合。今後、海外展開も含め、来年には3t系も発売する予定」と述べている。

希望小売価格は1.5tが312万2000円、2.5tが398万3000円としている。

最新ニュース

物流用語集