UPS/ブロックチェーン検証済み牛肉の国際輸送を実現

2019年11月11日 

UPSは11月11日、米国のアグリテック(スマート農業)ソリューションのリーディングカンパニーであるハードエックス社と協力し、ブロックチェーン技術によりトレーサビリティ(追跡可能性)を検証した牛肉を、米国の農場から日本へ輸送したと発表した。

今回の輸送は、牛肉業界での品質保証とトレーサビリティを大きく進展させるものという。

消費者は自身が消費する食品について、より多くの情報を求めるようになっている。これに伴い、トレーサビリティや検証ツールの市場は拡大している。ハイテク企業、関連当局、学術機関などがプロセスの標準化を進めてきたが、世界標準規格は確立されていない。

UPSはハードエックス社と協力し、国際輸送される牛肉製品の品質保証を向上するための貨物追跡およびトレーサビリティ技術を開発した。UPSは、ハードエックス社のブロックチェーン技術に統合するため、専用のビジビリティ(可視化)ツールを開発し、輸送の全行程における最新情報とデータポイントを提供した。

今回の輸送では、温度管理機能を備えたエアフレートコンテナを活用したコールドチェーン温度管理ソリューション「UPS Temperature True」(UPSテンパラチャートゥルー)パッケージングで梱包された牛肉が、米国のカンザス州から出荷された。

貨物の温度はパッケージングに取り付けられたセンサーで、発地から仕向地までモニター・記録された。「UPS Temperature True」のモニタリングデバイスを通じて収集されたデータは、ハードエックス社のブロックチェーン検証プラットフォームにアップロードされ、シームレスに統合された。

<スキャンすると提供される牛肉の詳細なトレサビリティ情報を確認できるQRコード付きメニュー>

スキャンすると提供される牛肉の詳細なトレサビリティ情報を確認できるQRコード付きメニュー

<航空輸送で日本に到着した牛肉>

航空輸送で日本に到着した牛肉

航空輸送で日本に到着した牛肉は、東京のステーキハウスに届けられ、同所で開かれたイベントの出席者には、スキャンすると提供される牛肉の詳細なトレーサビリティ情報を確認できるQRコードつきのメニューが配られた。今後、国際輸送されるすべてのハードエックス社の製品には同様の認証が付与される。

UPSの通関部門は、日米の関連規制当局と連携して必要な認証を取得し、今回の輸送を実現した。80年以上の経験に支えられたUPSの通関・輸送サービスが、正確な通関コンプライアンスや貨物のタイムリーな通関を可能にし、遅延や罰則のリスクが低減された。

UPSグローバルフレートフォワーディングのロメイン・セガン プレジデントは、「国際エアフレート輸送のブロックチェーン検証の仕組みは複雑であり、通関とフレートフォワーディングに関する非常に専門的な知識を必要とする。これを正しく構築することは、レストラン、食品・飲料、小売など多くの業界に恩恵をもたらす。UPSは、海外でのビジネス拡大を考えるすべての顧客のために、ハードエックス社による業界最先端の品質保証およびトレーサビリティ基準を維持していく」と述べている。

最新ニュース

物流用語集