日通/埼玉県久喜市に6.4万m2の東日本医薬品センターを着工

2019年11月08日 

日本通運は11月8日、新たな医薬品サプライネットワーク構築の核として新設する国内4拠点(東日本、西日本、富山、九州)のうち、3拠点目の着工となる東日本医薬品センターを11月1日に着工したと発表した。

<拠点完成イメージ>

拠点完成イメージ

日通が保有する国内の倉庫では、2019年6月24日に着工した西日本医薬品センターと同規模で、2017年1月竣工のTokyo C-NEX に次いで2番目の規模となる。

埼玉県久喜市へ新設する東日本医薬品センターは、圏央道のほぼ中心に位置する立地優位性を活かし、東日本エリア各地への供給機能に加え、成田国際空港を利用した原料、原薬の輸入、製品輸出など、国内外の医薬品サプライチェーンを見据えたグローバルレベルでの戦略的拠点として位置付けている。

東日本医薬品センターの特徴として、「規範として日本版GDPガイドラインをクリア」、「安全・確実なオペレーションを確保するため、入荷エリア、保管エリア、出荷エリアを明確に区分し、入荷用と出荷用の専用EVをそれぞれ設置」、「入出荷作業の際の防虫管理とセキュリティのために、トラックドック、前室、エアシャワーを配置」、「定温、保冷の温度管理に加え、輸出入用の保税エリア、特殊医薬品エリアなどサプライチェーンのあらゆるニーズに対応」、「保管エリアは温度と湿度を総合監視」、「災害等に備えた、免震構造および非常用発電設備の設置」等を挙げている。

なお、12月には富山市に富山医薬品センターも着工予定で、これにより日通が計画している医薬品センター4拠点がすべて着工することになる。

■倉庫の概要
住所:埼玉県久喜市江面229-1
敷地面積:3万4983.56m2
建築面積:1万7397.04m2
延床面積:6万4942.97m2
構造:5階建(鉄骨造)
設備等:免震構造、非常用発電設備、防虫・セキュリティ設備 他
竣工予定:2020年12月

最新ニュース

物流用語集