東部ネットワーク/4~9月の売上高2.2%増、営業利益22.2%減

2019年11月07日 

東部ネットワークが11月7日に発表した2020年3月期第2四半期決算によると、売上高66億1200万円(前年同期比2.2%増)、営業利益3億6300万円(22.2%減)、経常利益3億8400万円(22.6%減)、四半期純利益2億7300万円(20.0%減)となった。

貨物自動車運送事業の売上高は関連業務の荷役・保管作業収入を含め、46億6408万6000円(7.0%増)、営業利益は、適正運賃の収受に向けた交渉を継続しているが、繁忙期対応による営業費用の増加及び人手不足による収益性の低下、並びに新センター立ち上げ費用の影響により、1億8844万6000円(34.6%減)となった。

通期は、売上高125億円(0.8%増)、営業利益7億5000万円(6.1%増)、経常利益7億9000万円(4.2%増)、当期純利益5億4700万円(4.6%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集