リンクス/AGV用のナビソフト提供、物流倉庫もターゲットに

2019年11月07日 

リンクス(LINX)は11月7日、フィンランドのNavitec社と総代理店契約を締結し、2020年3月からNavitec社が開発・製造するAGV(無人搬送車)ナビゲーションソフトウェア「Navitrol」の提供を開始すると発表した。

<ナチュラル・フィーチャー・ナビゲーション>

ナチュラル・フィーチャー・ナビゲーション

フィンランドに設立したNavitec社は、ナチュラル・フィーチャーベースのAGVナビゲーションソフトウェア「Navitrol」を開発し、欧州の自動車メーカーを中心に、各種生産工場や物流現場に製品を納入している。

「Navitrol」を用いることで、工場内や倉庫内の既存設備を変更することなく、AGVを現場に導入することができる。また、周辺環境マップの作製や搬送経路の作成も「Navitrol」で簡単に行うことができる。加えて、複数台のAGVを効率的に運用するフリートコントロール機能も充実しており、作業員や他のAGVを回避するような動的な経路変更も容易に改定できる。

<リンクスの村上慶社長>

リンクスの村上慶社長

リンクスの村上慶社長は「AGVの自動運転方式には、現在、磁気テープ、QRコード、反射板方式があるがいずれも一長一短。例えば、磁気テープやQRコードだと、障害物回避ができない、反射板だと設置条件に成約があるなどのデメリットがあるが、LiDAR(ライダー)などの距離センサーを使用したナチュラル・フィーチャー・ナビゲーション(NFN)だと、既存設備の変更不要もダイナミックな経路変更も可能、また、障害物回避・有人環境運用が可能など、大きなメリットがある。要するに、倉庫内の自然の状況を掴み、自己位置を推定するもの。ターゲットはAGVを製造するメーカーだが、さまざまなチャンネルに提案していきたい」と話した。

リンクスでは、2020年3月頃から主に自動車メーカーを中心とするあらゆる製造現場、物流倉庫をターゲットに、日本市場での展開を開始する。2027年までには50社から100社に約10億円の売り上げを見込んでいる。

なお、同日リンクスでは、台湾とタイの会社を買収し、リンクス台湾とリンクスタイランドを立ち上げたと発表。アジアでのリンクスのネットワークは日本、台湾、タイ、マレーシア、シンガポールの5か所となった。

最新ニュース

物流用語集