安田倉庫/4~9月、売上高1.5%増、営業利益16.2%増

2019年11月06日 

安田倉庫が11月6日に発表した2020年3月期第2四半期決算によると、売上高232億8900万円(前年同期比1.5%増)、営業利益18億4000万円(16.2%増)、経常利益22億6100万円(14.5%増)、親会社に帰属する四半期純利益15億3100万円(19.2%増)となった。

物流事業では、倉庫施設の拡張や新設により保管料は増加したものの、海上・航空輸送の大型案件が減少したことなどによって国際貨物取扱料が減少。一方で、施設の稼働率向上や業務の合理化を進めた結果、売上高は195億8500万円(0.7%減)、営業利益は16億6000万円(16.0%増)となった。

不動産事業では、既存施設が高稼働率を維持したことに加え、大規模な施工工事等の受託もあり、売上高は39億8900万円(10.3%増)、営業利益は11億6400万円(11.7%増)となった。

通期は、売上高469億円(1.6%増)、営業利益31億5000万円(11.4%減)、経常利益40億円(8.4%減)、親会社に帰属する当期純利益27億6000万円(1.1%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集