福山通運/4~9月は増収増益、集配拠点整備や自動化が寄与

2019年11月06日 

福山通運が11月6日に発表した2020年3月期第2四半期決算によると、売上高1448億8500万円(前年同期比4.5%増)、営業利益112億1100万円(15.8%増)、経常利益117億1600万円(8.5%増)、親会社に帰属する四半期純利益72億6800万円(2.7%減)となった。

運送事業では、9月に青森むつ営業所を開設し、輸送品質向上のための集配拠点の整備を進めた。また、運賃・料金の契約内容の見直しや、新サイズ運賃の適用と荷物自動仕分機の導入による集配業務の作業の効率化にも取り組んだ結果、売上高は1278億2800万円(5.0%増)、営業利益は103億4200万円(14.8%増)となった。

流通加工事業では、料金改定や既存施設の稼働率向上による収支改善、新規案件の開拓に取り組んだ結果、売上高は87億2600万円(2.3%増)、営業利益は12億7500万円(15.2%増)となった。

国際事業では、ASEAN域内でのクロスボーダートラック輸送が順調に推移したが、米中貿易摩擦の影響もあって中国・東南アジアからのフォワーディング事業と通関事業の取扱い件数が鈍化し、低調に推
移。その結果、売上高は43億7300万円(1.8%減)、営業利益は2億4700万円(14.3%減)となった。

通期は、売上高2932億円(2.6%増)、営業利益202億円(3.7%増)、経常利益213億円(1.2%減)、親会社に帰属する当期純利益131億円(12.4%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集