三菱ふそう/ダイムラートラックAG社傘下での新体制スタート

2019年11月06日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は11月6日、親会社のダイムラーAG社が11月1日付で新組織体制へ移行したことに伴い、同社から分社したダイムラートラックAG社の下で、新体制として事業をスタートしたと発表した。

ダイムラーAG社の乗用車・バン事業とトラック・バス事業が、10月末にそれぞれメルセデス・ベンツAG社とダイムラートラックAG社へと分社化。

ダイムラーAG社が保有していたMFTBCの株式89.29%がダイムラートラックAG社へと引き継がれ、MFTBCの事業を含む世界中のダイムラーのトラック部門とバス部門が、ダイムラートラックAG社傘下に収まった。

これにより、全世界10万人の従業員がトラック・バスに関連した製品・サービスの開発・生産・販売を行うことになり、組織内活動のアジリティの向上と、顧客重視の強化体制の構築が期待される。

ダイムラートラックAG社は、ドイツのシュトゥットガルトに本拠地を置き、20名の取締役で構成。取締役の1人として、ダイムラー・トラック・アジアの代表でMFTBCの代表取締役・CEOであるハートムット・シック氏が就任している。

最新ニュース

物流用語集