日通/中国法人を自動車関連物流に特化、完成車輸送まで領域拡大

2019年11月06日 

日本通運は11月6日、中国現地法人の華南日通国際物流(深圳)が、10月24日に社名を「日通汽車物流(中国)」に変更し、自動車関連物流の専門会社として新たに営業を開始したと発表した。

<日通汽車物流(中国)の物流施設>

<10月29日に行われた除幕式>

華南日通は2008年11月の営業開始以来、自動車部品のミルクランや幹線輸送、自社ロジスティクスセンターを基点とした組立工場へのJIT(ジャスト・イン・タイム)物流のほか、「Super SCM(Super-Supply Chain Management)運行管理パッケージ」として、専門チームによる24時間体制での部品の在庫・受発注管理、車両運行管理などのサービスを提供してきた。

今回、中国全土を対象とした自動車関連の物流事業に特化するため、海上輸送・海外引越事業部門を日通国際物流(中国)の広州支店に移管し、中国での自動車関連物流を深化・高度化させ、さらなる事業の拡大を目指す。

また、自動車関連物流に特化した会社であること広く周知するため、自動車を示す「汽車」を取り入れた「日通汽車物流」に社名を変更した。

今後は、既存の自動車関連部品調達物流に加え、EV用部品の調達物流、保守部品物流、完成車輸送等の取り扱いを目指していく。

■日通汽車物流(中国)の概要
所在地:2nd.Floor, Building A3, No.8, Zhishan Road, Dongqu Street, Huangpu District, Guangzhou City, Guangdong Province, 510530 China
広州市黄埔区东区街道枝山路8号A3棟2階
従業員数:780名(9月末時点)
倉庫面積:約16万9000m2(全拠点計)
支店:8支店(広州、鄭州、上海、天津、大連、武漢、佛山、襄阳)
事業内容:自動車関連物流に関わる国内輸送業、倉庫保管・流通加工業、展示会物品輸送業、Super SCM

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集