フジテックス/物流セミナー「需要予測で生まれる物流付加価値」

2019年11月05日 

フジテックスは11月27日、「需要予測で生まれる物流の付加価値」と題して物流セミナーを開催する。

物流倉庫プランナーズは、人手不足問題に対して「省人化」「標準化」「効率化」を提案している。

今回のセミナーでは、第一部に気象情報やPOS、SNS人工知能(AI)などの先端テクノロジーを用い需要予測をし、食品ロスや返品・返送の削減をする省エネ物流プロジェクトについて、日本気象協会の本間氏が講演する。

また、第二部では、中国・上海で開催された世界最大級の物流システム機器の展示会「CeMAT ASIA 2019」の視察報告として、最先端の物流ソリューションや、最新の業界動向などについてフジテックスの清水氏が説明する予定。

■開催概要
日時:11月27日(金)14:00~16:30(開場13:30)
会場:東京都新宿区大久保3-8-2 住友不動産新宿ガーデンタワー1F 会議室
参加費用:無料
定員:160名

▼詳細・申し込み(※定員数になり次第、受付終了)
https://lplanners.jp/seminar/191127-seminar/

■セミナープログラム
<第一部 講演>
「気象を活用したデータドリブン経営へ ~需要予測がもたらすサステナブルな物流~」
日本気象協会(JWA)
本間基寛 氏

<第ニ部 講演>
「最先端物流ソリューション ~CeMAT ASIA 2019 視察報告~(仮)」
フジテックス
清水 雅斗

■問い合わせ
フジテックス
担当:半澤
TEL:0120-004-844(受付時間:平日9時~18時)
問い合わせフォーム:https://www.chuko-matehan.com/logiplanners/contact/

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集