商船三井/北越コーポレーション向け木材チップ船竣工

2019年11月05日 

商船三井は11月5日、運航する船倉容積約430万キュービックフィート型の木材チップ輸送船“SOUTHERN TREASURE“(サザン・トレジャー)が10月31日、大島造船所で竣工したと発表した。

<SOUTHERN TREASURE (海上公試時)>

北越コーポレーション向け木材チップ輸送に従事する。

この船はSOxスクラバーやバラスト水処理装置を搭載し各種環境規制に対応しているほか、Seaworthy Bow(荒天時の速力低下を軽減する船首形状)や改良型船尾形状の最新鋭船型、Advanced Flipper Fins(推進効率向上のための省エネ装置)などの大島造船所開発技術やPBCF(Propeller Boss Cap Fins)を搭載し、さらには電子制御エンジンや低摩擦船底塗料などを採用して環境に配慮した仕様としており、従来の木材チップ船に比べて大幅なCO2削減を実現している。

船名の“SOUTHERN TREASURE”は、チリ、南アフリカ、豪州、ベトナム等、日本から見て南方の(”SOUTHERN”)国々で生産され、北越コーポレーションに届けられる贈り物/宝物(“TREASURE”)である木材チップに因み、その贈り物/宝物を運ぶ「宝船」との意味も込めて命名された。

商船三井は今後も国内外の製紙会社をはじめとする顧客に向けて、環境に配慮しながら安全・安定的に木材チップを輸送し、資源の安定供給に寄与していくとしている。

■概要
全長:210.00m
全幅:37.00m
深さ:22.80m
貨物鎗容積:432万6015cft

最新ニュース

物流用語集