日本貨物航空/cargo.one 社とパートナーシップ契約締結

2019年11月05日 

日本貨物航空(NCA)は11月5日、航空貨物スペースの予約プラットフォームを提供する cargo.one 社とパートナーシップ契約を10月31日に締結したと発表した。

これによりフォワーダーは24時間いつでも一元化されたプラットフォーム上でNCAの欧州発便のメインデッキサイズのスペース予約や予約確認の連絡をすぐに受けることができるようになる。NCA は着実に増えている cargo.one 社利用フォワーダー300社以上から予約を受けることにより、欧州市場における販路を広げると共に、予約業務の自動化をも進める。

NCAは cargo.one の予約プラットフォームをアジアの航空会社の中で初めて採用し、スペース販売業務をデジタル化することになる。

NCAの本間啓之事業部門担当取締役は、「最先端のプラットフォームを提供する cargo.one 社とのパートナーシップを発表できたことを非常に嬉しく思うのと同時に、新たに顧客に一元化された予約手段を案内でき、とても光栄に思う」とコメントしている。

今後はNCAの基幹貨物システム iCargo と cargo.one とを年内に接続し、2020年第1四半期中にNCAの欧州発便スペース予約が開始される見込みだ。

なお、NCAは、1978年に日本唯一の国際線貨物専門航空会社として設立され、現在は日本郵船(NYK)の完全子会社となっている。NCAは世界最大の新世代貨物機であるボーイング 747-8Fを用い、東京成田(NRT)をハブとし、アジア、アメリカ、ヨーロッパの主要都市に運航している。国際航空貨物輸送を通じて国際交流を支え、日本と世界の社会・経済・文化の発展に貢献するとしている。

最新ニュース

物流用語集