日通/社員が売上7億円超を過大計上、債権管理手続きで発覚

2019年10月31日 

日本通運は10月31日、社内の債権管理手続きで合計7億8200万円を売上高に過大計上していたことが発覚したと発表した。

同社の社員が実際の請求金額を上回る額で売上を計上。売上の過大計上に伴って滞留債権が発生していたが、この社員が正当な請求額に対する入金額をもって発生の古い債権から順に回収することを繰り返し、事実の発覚を回避していた。

加えて、この債権の回収サイトが一般の債権に比べて長かったこと、この社員から滞留債権が回収可能であると報告を受けていたことから不正が発見されずにいたが、滞留債権が拡大するにつれて債権の回収に疑義を持つに至り、社内の債権管理手続きによって売上高の過大計上が発見された。

なお、過大計上した売上高については2019年度第2四半期決算で是正処理しており、日本通運は今後、同様の事態が二度と発生しないよう、内部統制の一層の強化を図っていくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集