ZMP/ヤマト運輸が仕分けターミナルで「CarriRo」採用

2019年10月31日 

ZMPは10月29日、物流支援ロボット「CarriRo」がヤマト運輸の仕分けターミナルで採用されたと発表した。

<ヤマト運輸による物流支援ロボットCarriRo導入事例>

ターミナル内で人手によって行われているロールボックスパレットの搬送にCarriRoを導入し、省人化と省力化を図った。

ロールボックスパレットの自動搬送にあたっては、複数のAGVを比較。搬送ルートの設定や変更が容易であることや、使用する作業員の操作が簡単であること、ロールボックスパレットを改造せずにそのまま搬送できることなどが決め手となり、CarriRoを選定した。

今後は、CarriRoについて導入拠点での検証を行い、効果が認められればその他の拠点への展開も想定。各拠点で、今後の自動搬送の導入拡大を見据え、作業動線や作業手順の再整備を進めていくとしている。

最新ニュース

物流用語集