プロロジス/バイトマッチングアプリ会社に出資、人材確保支援

2019年10月31日 

プロロジスは10月31日、「ワーク シェアサービス」を展開するスタートアップ企業、「タイミー」への出資を行ったと発表した。

<スマホでのタイミ―の画面。2タップで簡単に仕事に申し込みができ、隙間時間を利用して働くことができる>

スマホでのタイミ―の画面。2タップで簡単に仕事に申し込みができ、隙間時間を利用して働くことができる

タイミーは、スキマ時間で働きたい人と、単発バイトを効率的に集めたい企業をマッチングするアプリ。相互評価システムにより、事前の面接等なしですぐにマッチングが成立することが特徴だ。

タイミーの提供するアプリの特徴は、「およそ90%という高いマッチング率で、即日人手を集めることができる」「必要スキルの設定によりアプリ上で候補者を絞り込み。選考面接なしで即戦力の人材とのマッチングが可能」「相互評価機能によって、ミスマッチを防止。働き手の質を担保するとともに、魅力ある職場づくりのための改善にも活用可能」という点。

プロロジスはカスタマーにタイミーのサービスを推奨し、「アルバイト人材の募集に投じていた費用や、面接にかけていた時間の削減」「単純作業を 単発 バイト人材が担うことで、長期雇用人材の負担 軽減および 離職率の低下」の観点から、物流現場の生産性向上をサポートする。

タイミーは将来的に、物流現場において単発バイトに充てる作業の振り分けの自動化も視野に入れており、両社は長期的に協働していく。プロロジスは、タイミーとの連携を通じて、自社のコンサルティングチームが入居カスタマーに提供するアドバイスの更なる付加価値向上もめざす。また、世界的な労働力不足に応えるため、タイミーのグローバル展開のサポートも視野に入れている。

人手不足が深刻化する中、プロロジスの物流施設に入居するカスタマーにとっても、アルバイト・パートの雇用対策は喫緊の課題となっている。プロロジスでは、物流施設を魅力的な職場にするための取り組みや、雇用に関するセミナーの開催など様々な施策を行っており、このタイミーとの連携により、カスタマーサポートの強化をめざす、としている。

最新ニュース

物流用語集