アルテック/きくや美粧堂の物流拠点に縦型回転式自動収納庫

2019年10月28日 

アルテックは10月28日、東京都大田区にあるきくや美粧堂の物流拠点「East Logistics」で、スイス・Kardex Remstar社製の縦型回転式自動収納庫「Kardex Remstar RS」2基が、10月18日に導入されたと発表した。

<Kardex Remstar RS>

Kardex Remstar RS

Kardex Remstar RSは、高さ5.8mの装置の中に幅3050mm×高さ255mm×奥行628mmの棚が32個収納された装置で、ボタン操作によって取り出したい商品の棚が取り出し口まで移動する仕組み。

倉庫内の天井空間を有効活用して保管効率を高めることが可能で、保管された棚が自動で回転して作業者の腰の高さでピッキングできるため、作業者の負担軽減や省人化につながる。

取り出し口にはセーフティセンサーが付いており、作業者の安全や商品の保護、機械音の防音、トレイが上下する際の風圧防止などに対応。商品を自由に持ち出すことができないことで、セキュリティ対策や商品管理にも寄与する。

きくや美粧堂のサプライチェーン本部は、「卸は品ぞろえが勝負なため、出荷頻度が少ない商品でも取り揃えておくことが大事。垂直回転棚はスペースを有効活用できるので、賃料の高い都市型物流施設に適している。今回の導入は、将来的な自動化への第一歩と位置付けている」と、導入の経緯を説明している。

最新ニュース

物流用語集