ブリヂストン/タイで建設・鉱山車両用タイヤ新工場を開所

2019年10月25日 

ブリヂストンは10月25日、子会社のブリヂストン スペシャリティ タイヤ マニュファクチャリング(タイランド)カンパニー リミテッドは、建設・鉱山車両用ラジアルタイヤ新工場の開所式を10月24日に開催したと発表した。

<開所式の様子>

開所式の様子

ブリヂストングループは、タイにおいて53年にわたる事業活動で築いてきた事業基盤・ネットワークを有している。これに新工場が加わることにより、同国の経済および産業の更なる発展に貢献ができると考えている。

新工場は、日本を除くアジアで初めての建設・鉱山車両用ラジアルタイヤ工場であり、グローバル供給拠点のひとつとして位置づけられる。新工場開設により、中長期的な需要の変化に柔軟に対応する生産供給体制の構築が可能となる。

■新工場概要
会社名:Bridgestone Specialty Tire Manufacturing (Thailand) Co., Ltd.
(ブリヂストン スペシャリティ タイヤ マニュファクチャリング (タイランド) カンパニー リミテッド)
所在地:タイ ラヨーン県 アマタ・シティ工業団地
生産品目:建設・鉱山車両用ラジアルタイヤ
敷地面積:約87万m2
生産能力:約35トン/日

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集