CBRE/千葉県印西市の物流施設で自動化・合理化セミナー

2019年10月24日 

シービーアールイーは11月14・15日、トーセイ・リバイバル・インベストメントが管理するマルチテナント型物流施設「千葉ニュータウンロジスティクスセンター」内で、「AGV/画像処理を用いた物流自動化・合理化セミナー」と施設内覧会を開催する。

<千葉ニュータウンロジスティクスセンター・外観>

千葉ニュータウンロジスティクスセンター

施設は、賃貸延床面積約2万5000坪、ランプウェイでの各階接車、24時間365日稼動可能な5階建マルチテナント型物流施設。

国道16号からアクセスの良い千葉県内陸部に位置し、北総線「千葉ニュータウン中央駅」に近接し、周辺には大型の商業店舗、物流倉庫、データセンターが集積しており、賑わいのあるエリアとなっている。

<倉庫内部>

セミナーには、画像処理技術やAGV(無人搬送機)を中心とする最先端テクノロジーを取り扱っているPhoxterの西村智典CEOが登壇する。

なお、同社とシービーアールイーは7月に同様のセミナー&内覧会を愛知のセントレアロジスティクスセンターで開催しており、二日間で200名の参加者を集めた。

<7月のAGVデモンストレーション>

■セミナー・内覧会の概要
場所:千葉ニュータウンロジスティクスセンター2階(千葉県印西市泉野3-8)
日時:11月14、15日  各日3回開催
(第1回)10:00~12:00 (第2回)13:00~15:00 (第3回)16:00~18:00
※各回の開始30分前から受付開始。
対象:荷主企業、物流企業
入場料:無料

■詳細
https://www.cbre-propertysearch.jp/stndaln/web/property/id/112231015017_seminar_201911.html?LN=1910

■セミナー内容
「AGV/画像処理を用いた物流自動化・合理化セミナー」
・工程別のAGV改善事例の紹介と導入時の留意点
・物流自動化における画像処理の役割
※事務室内でのセミナー後、倉庫内でAGV及び画像処理の実演を行う

■申し込み
事前予約制、下記の項目をメールまたは電話で申し込み。
・社名
・参加代表者名
・人数(1or2名)
・代表者連絡先
・希望日時(第二希望まで)
・交通手段(車 or 施設専用送迎バス or その他)
※下記時刻の千葉ニュータウン中央駅発、送迎バスをご利用ください。
バス出発時刻:9:15、12:40、15:40

TEL:03-5288-9830
MAIL:tokyo-id@cbre.co.jp

※応募者多数の場合は、抽選になる場合あり

■物件概要
交通:北総線「千葉ニュータウン中央駅」徒歩約18分(駅から当施設専用送迎バス有り)
常磐自動車道「柏IC」約20km
東関東自動車道「千葉北IC」約16.8km
敷地面積:4万1737.27m2
延床面積:10万1167.56m2
賃貸面積:8万1487.01m2
構造・規模:鉄骨造、地上5階建

■問い合わせ
シービーアールイー  インダストリアル営業本部
担当窓口:武冨(タケトミ)
TEL:03-5288-9830
MAIL:tokyo-id@cbre.co.jp

最新ニュース

物流用語集