アサヒビール/70億円投じ、名古屋工場に自動倉庫建設

2019年10月23日 

アサヒグループホールディングスは10月23日、アサヒビール名古屋工場に物流倉庫を建設すると発表した。

<アサヒビール名古屋工場>

アサヒビール名古屋工場

2020年1月に着工し、2021年4月の稼働を目指す。投資額は70億円。

新倉庫は、地上31m鉄骨造、延床面積1万m2の自動倉庫で、アサヒビール名古屋工場で製造しているビール類のほか、同工場で新たに製造するアサヒ飲料のPETボトル容器商品を保管し、年間3000万箱以上を中部エリアに向けて出荷する。

従来、アサヒビール名古屋工場はビール類などの酒類を製造してきたが、今回、新倉庫の建設と併せてPETボトル飲料の生産ライン(年産能力900万箱、投資額50億円)を導入し、2021年4月から新たに「カルピスウォーター」や「三ツ矢サイダー」の生産を開始する予定。

現在、これらのPETボトル飲料の生産物流体制は関東地方に集中しているため、今回の設備投資によってアサヒビール名古屋工場をビール類と清涼飲料の製造・物流拠点とし、特定の地域に集中した生産物流体制の平準化や、トラック輸送距離の短縮を図ることで、年間3400トンのCO2排出量削減を見込んでいる。

■アサヒビール名古屋工場の新物流倉庫
建設地:名古屋市守山区西川原町318(アサヒビール名古屋工場内)
構造・高さ:鉄骨造、地上31m
延床面積:1万m2
建築面積:8000m2
投資額:70億円
着工:2020年1月
稼働:2021年4月

最新ニュース

物流用語集