ZMP/無人フォークリフト「CarriRo Fork」発売

2019年10月23日 

ZMPは10月23日、物流支援ロボットCarriRoの新製品として、自動運転技術を活用した無人フォークリフト「CarriRo Fork」を販売開始すると発表した。

<CarriRo Fork>

CarriRo Fork

本体価格は5年リースで月額28万2000円(税抜)から、2019年内に出荷を開始する。

CarriRo Forkは、簡単なセットアップで作業エリアの事前マッピングから運用開始まで数日で実現できることが特徴。周辺の障害物を監視しながら、進行方向周囲の障害物に反応して停止、障害物が取り除かれたら自動再スタートするなどの機能を有している。

<CarriRo AD+とCarriRo Forkの連携イメージ>

また、最大600kgのパレット搬送が可能な「CarriRo AD+(パレット積載タイプ)」と協働することで、無人フォークリフトを複数台導入することに対して、大幅に導入コストを抑えてパレット搬送の無人化を実現できる。

■CarriRo Forkの基本仕様
本体寸法:全長1950mm×全幅800mm×全高1915mm
フォークリフトタイプ:ウォーキータイプ
可搬重量:1000~1600kg
最高速度:無積載時5.4km/h、積載時3.6km/h
移動精度/停止精度:±10mm/±10mm
車両重量:1000kg
安全機能:レーザー検知、赤外線センサー検知、バンパセンサー他
本体価格(5年リース料金):月額28.2万円(税抜)~ 
※買取も提供。価格は今後予告なく変更する可能性あり。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集