JR貨物/台風19号の不通区間、トラック・船舶で代行輸送

2019年10月18日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は10月18日、台風19号の影響で不通となっている一部区間について、新たにトラックと船舶による代行輸送を実施すると発表した。

<台風19号の影響による代行輸送・迂回運転(10月18日時点)>

10月17日から、「宇都宮貨物ターミナル駅~仙台貨物ターミナル駅」間の輸送をトラック(輸送力最大114個/日)で代行しているほか、18日から「東京貨物ターミナル駅~釧路貨物駅」間の輸送を船舶(30個/日)で代行する。

このほか、JR貨物では不通となっている東北線区間の代替として、日本海縦貫線を経由した迂回輸送を15日から実施している。17日までの運休本数は、コンテナ列車512本、車扱列車28本。

<台風19号に伴う貨物列車の運転区間被害状況>

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集