商船三井/ドバイでAR航海情報表示システム紹介

2019年10月17日 

商船三井は10月17日、ドバイで9月に開催された海事カンファレンスで、AR航海情報表示システムを紹介したと発表した。

<AR航海情報表示システム実際の画面例(伊良湖水道航行中)>

AR航海情報表示システムは、AR(拡張現実)技術を用いてカメラのリアルタイム映像と航海情報を重ねて表示させることで、航海中の乗組員の見張りや操船などを視覚的にサポートするシステム。

船舶交通の多い海域でも船橋内のディスプレイにカメラの船の航路のリアルタイム映像と各航海計器からの情報を統合して表示させることができ、一目で安全な針路、注意を払うべき他船や浅瀬の情報を確認できることから、船長・航海士の操船をサポートする技術として、カンファレンスに出席していた約200人のタンカー業界関係者から高い関心を得た。

<OCIMF Middle East Regional Marine Forumの集合写真>

今後、商船三井は会場で得られた反響も参考に、現場で実際にシステムを使用する「船長・航海士の目線」でAR航海情報表示システムが海上交通の安全に寄与し、ユーザーに心強いサポートを提供できるよう、共同開発者の古野電気とさらなる改良検討を行っていくとしている。

最新ニュース

物流用語集