日本郵船/新造VLGC「LILY PROMENADE」と命名

2019年10月17日 

日本郵船は10月17日、アストモスエネルギー向けの大型LPガス運搬船(VLGC)を「LILY PROMENADE(リリー プロムナード)」と命名したと発表した。

<10月10日に行われた命名式>

LILY PROMENADEは日本郵船のVLGC船隊で初めてSOxスクラバーを搭載。排気ガス中の硫黄分を低硫黄燃料油使用時と同様に減らすことができ、2020年1月から強化される国際海事機関(IMO)が定めたSOx Global Cap規制に対応している。

また、改正MARPOL条約ANNEX VIに基づき、EEDI Phase1(基準値からCO2排出量10%減)を満たしており、「SURF-BULB」「SSD」「ALV-Fin」といった省エネ付加物と低摩擦塗料を採用することで、燃費性能を向上させている。

■LILY PROMENADE
全長:230.00m
全幅:36.60m
型深さ:22.20m
貨物容積:8万3000m3
総トン数:5万1000トン
造船所:ジャパン マリンユナイテッド
船籍:パナマ
竣工予定日:10月30日

最新ニュース

物流用語集