アイカ工業/物流コスト大幅削減へ、福島工場に自動倉庫建設

2019年10月17日 

アイカ工業は10月16日、塗り壁材などの化成品を製造している福島工場に、危険物立体自動倉庫を建設すると発表した。

<自動倉庫の完成予想図>

入出庫業務を自動化した物流倉庫として2020年7月以降に稼働を開始する予定で、建設に7億円を投じる。

福島工場は東北方面への物流機能も担っており、昨今の慢性的な人手不足問題で物流費が上昇傾向にあることから、物流改革の一環として自動倉庫を新設し、物流コストの大幅な削減を目指す。

また、自動倉庫の建設とあわせて福島工場の構内業務を全面的に見直し、物流効率化をさらに推進させるほか、福島工場を生産立地型の在庫拠点として運用し、化成品全体の出荷元や出荷先の見直しを行うことで、危険物の適地生産や最適在庫場所の確立を図る。

自動倉庫はラックの揺れを抑制する制震構造とし、緊急地震速報P波を受信すると、地震到達前に自動で設備を緊急停止する仕組みも導入するなど、危険物を取り扱う化学メーカーとしてBCPを強化する。

■福島工場 危険物立体自動倉庫
建設地:福島県岩瀬郡鏡石町深内町46-26(福島工場)
延床面積:702.6m2
高さ:19.7m
設計:村田機械
施工:村田機械(自動ラック設備工事) 、東洋建設(建築工事)
着工:10月
竣工:2020年5月末
稼働開始:2020年7月以降
総投資額:7億円
地震対策:制震構造、緊急地震速報P波連動自動制御システム

最新ニュース

物流用語集