ラクスル/「ホワイト物流」推進運動、自主行動宣言を提出

2019年10月15日 

ラクスルは10月15日、国土交通省・経済産業省・農林水産省が推進する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、持続可能な安定した物流環境の実現に向け、自主行動宣言を提出したと発表した。

ラクスルでは「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」をビジョンとして掲げビジネスを展開している。ドライバー不足の深刻化が進む物流業界において、安定的な物流が維持できないという課題に対し、テクノロジーの力によって業界をシンプルに効率化していくことで、新しい物流の仕組み作りに取り組んでいる。

自主行動宣言として提出したのは、まず「物流の改善提案と協力」。物流の効率化を実現するため、荷主、運送事業者等に対し、自社プラットフォームを活用したソリューションを提供し、物流の改善提案と協力を行う。

「契約の相手方を選定する際の法令遵守状況の考慮」では、健全なプラットフォーム運営の観点から、取引先については、「自動車運送事業者の行政処分情報検索(国土交通省ホームページ)」等を活用し、 関係法令の遵守状況を考慮の上、 選定する。

また、「物流のシェアリングプラットフォームの構築」では、業界の課題である、低い生産性、企業間の情報の断絶を解消するため、配車依頼から運行管理までのプロセスをデジタル管理し、物流の全体最適化を実現する。

さらに、「自社が企画するイベント、キャンペーン等における『ホワイト物流』推進運動等の啓発」では、自社が企画するイベント等における、「ホワイト物流」推進運動の啓発や、物流効率化に資するため、自社プラットフォームの利用を促進する施策を実施する、としている。

最新ニュース

物流用語集