共同紙販HD/子会社の関東流通の倉庫が浸水、1階商品が被害

2019年10月15日 

共同紙販ホールディングスは10月15日、台風19号により荒川の支流が氾濫し、子会社の関東流通の倉庫が浸水、1階に保管していた在庫品及び取引先からの預かり商品が被害を受けたと発表した。

また、荷物用の昇降設備や加工用の機械設備(カッター設備、リワインダー設備、断裁機)も浸水したため荷役作業・加工業務にも支障をきたしている。機械設備については漏電の恐れがあるため、それぞれ専門業者の十分な点検作業を実施したうえで順次稼働を開始する予定としている。

完全復旧までは、協力各社の協力を得て、取引先に対して可能な限り迅速に対応する。一日も早い通常操業に向けてグループを挙げて全力で取り組んでいくとしている。

関連記事

最新ニュース

物流用語集