商船三井/タグボートの周辺監視に俯瞰映像導入へ

2019年10月11日 

商船三井は10月11日、沖電気工業(OKI)とタグボートの周囲監視にOKIの俯瞰映像モニタリングシステム「フライングビュー」を活用するための検討を開始したと発表した。

<日本栄船所有のタグボート「あさか丸」>

<フライングビューによる「あさか丸」の俯瞰映像>

<フライングビューによる「あさか丸」と制御対象船を合わせた映像>

検討に先立ち、9月に神戸港で日本栄船が所有するタグボート「あさか丸」に「フライングビュー」を搭載し、実験を実施。魚眼カメラ4台をタグボートのマストに設置し、映像合成部と表示部を操舵室に設置することで、船長が自船の周囲の状況をリアルタイムで客観的に把握することができるように行われた。

タグボートは、特に対象船が大型船である場合、操舵室の窓からは船体の側面しか見ることができず、対象船の船上にいるパイロット(水先案内人)から無線による指示を頼りに操船している。そのため、タグボート側で周囲の障害物や他船との距離が直感的に把握可能となることは、制御対象船の接触事故を未然に防ぐことに繋がる。

商船三井では、「AR航海情報表示システム」など認知にかかわる航海支援システムを「FOCUS EYE」シリーズとし、世界最高水準の安全運航に寄与する技術を開発している。その一環でOKIの俯瞰映像モニタリング「フライングビュー」に着目し、大型船への適応検討も含めて共同で開発を進めていくことで、安全運航強化に向けた取り組みを加速させたい考え。

最新ニュース

物流用語集