商船三井/中部国際空港沖でコンテナ船火災想定、緊急対応訓練

2019年10月11日 

商船三井は10月10日、所有するコンテナ船での海難事故を想定した緊急対応訓練を実施した。

<重大海難対策本部での訓練>

<模擬記者会見>

訓練には、重大海難対策本部を構成する役員と関係部署、船舶管理会社のMOL Ship Management(Singapore)、傭船者のONEが参加。

所有するコンテナ船が、名古屋港に向けて中部国際空港沖を航行中に甲板上火災が発生。その後、消火作業中に爆発が発生し、消火作業に従事していた本船乗組員1名が重体となったほか、爆発で甲板上のコンテナ7個が船外に落下、さらに海上に落下したコンテナから有色液体が海上へ流出するという事故を想定した。

訓練では、事故発生の連絡を受けた商船三井が、本社内に重大海難対策本部を設置。事故発生から記者会見に至るまでの過程を訓練し、緊急時に行うべき報告・連絡等のプロセスを再確認したほか、本船や船舶管理会社、傭船者(ONE)、関係部署、重大海難対策本部間の連携と情報共有が円滑に実践できるかを確認した。

また、重大海難対策本部では、収集した情報をもとに船主、傭船者として取るべき対応について協議し、緊急対応体制を確認の上、模擬記者会見を実施した。

最新ニュース

物流用語集