ハコブ/家具・家電配送サービス「デカ宅」提供開始

2019年10月10日 

ハコブは10月10日、家具・家電の宅配サービス「デカ宅」の提供を開始したと発表した。

<「デカ宅」概要図>

「デカ宅」概要図

「デカ宅」は家財一つの輸送から利用可能で家財の大きさと配送エリアによる明瞭な運賃設定で、配送から設置まで全て対応可能だ。

これは、メルカリ・ラクマ・ジモティーなどフリマアプリの普及で、 家具・家電など中古家具に対する輸送需要が高まっていることから、家具・家電に特化した配送サービスの供給が足りず、運賃が割高になってしまっているのが現状。その問題を解決するために生まれたのが「デカ宅」。

フリマアプリでの売買成立後に家財を購入者に送りたい時、家族、友人に不要になった家財を譲りたい時、家電量販店で購入した人の単品配送に適している。全て電話一本で予約完了。また、家電量販店、EC事業者など、法人契約も可能。

利用できる場所は、サービス開始直後は首都圏の2000万人を対象とし、全国展開を目指すとしている。宅配時間は当日~翌々日までにお届け。 時間帯指定も可能だ。

運賃はSSサイズで980円~。基本サービスは、梱包・搬出・輸送・搬入・開梱・設置・廃材回収となる。さらに、アンテナの設置・取り外し、エアコンなどの各種取り付けなどのオプションサービスも行っている。

■「デカ宅」
https://www.dekataku.hakobu.tokyo/

最新ニュース

物流用語集