センコー/タイNo.1のコールドチェーンへ、冷凍・冷蔵拠点竣工

2019年10月09日 

センコーグループホールディングスは10月9日、グループ会社で冷凍・冷蔵事業を展開するランテック、タイ外食チェーンのMKレストランとの3社による合弁会社M-SENKO LOGISTICSが、タイのサムトプラカーン県に3温度帯の「M-SENKOロジスティクスセンター」を10月8日に竣工させたと発表した。

< M-SENKOロジスティクスセンター >

M-SENKOロジスティクスセンター

新センターは、バンコク市内から車で28km、スワンナプール国際空港から23kmに位置し、タイ国内の配送利便性が高い立地。

5万3000m2の敷地に、延床面積2万2000m2の建物があり、冷凍(-25℃)、冷蔵(0~4℃、4~8℃、6~10℃)の自動倉庫や可動ラックを備え、幅広い保管温度帯に対応する。

また、センコーグループの冷凍・冷蔵物流技術や日本で培った人材教育ノウハウを活用し、日本国内と同レベルの高品質なサービスを提供する。

M-SENKO LOGISTICSは、タイ国内のMKレストラン各店舗への食材供給に加え、外部の顧客開拓を進め、タイ国内No.1のコールドチェーン展開を目指す方針。

■M-SENKO ロジスティクスセンター
所在地:タイ サムトプラカーン県 Bang Sao
敷地面積:5万3200m2
建物構造:鉄筋コンクリート造、平屋建て
延床面積:2万6019m2(倉庫2万1747m2、事務所他4277m2)
主要設備:自動倉庫、可動ラック、ドックレベラー5基、非常用発電機

最新ニュース

物流用語集