ジャロック/埼玉県杉戸町の物流機器展示場をリニューアル

2019年10月08日 

ジャロックは10月7日、埼玉県杉戸町で5月にオープンした物流機器専門展示体感スペース「ジャロックテクニカルトレーニングセンター(JTTC)」を大幅改装し、リニューアルオープンした。

<内観>

リニューアルに伴い、人が乗車したまま3.2m上昇し高層部を直接ピッキングできる「ハイピックランナー」や、倉庫内の荷物運搬をサイクリング感覚で行える「キャリーサイクル」、超微粒子のミストを噴霧し蒸発時の気化熱を奪う効果で体感温度を下げる「ベントミスト」など、製品ラインナップを拡充した。

また、12月頃には、Malu Innnovationと提携し、高精度カメラとセンサーで空間を認識し、学習しながら自走する同社の次世代AGVソリューションの展示も予定。そのほか、自社開発したアンカーレスで賃貸倉庫の床を傷つけない耐震ラック施工技術も提案する。

■ジャロックテクニカルトレーニングセンター
所在地:埼玉県北葛飾郡杉戸町堤根3475
展示商品:シャトルランナー、ハイピックランナー、キャリーサイクル、リボリューションファン、ミストファン、リフト&ドライブ、エアー式ドックレベラー、アイカート、キャリーランナー、アシスト台車、セーフTシグナル、ハイスピードドア、中高層中量ラック、アンカーレスラック、ドックロックなど

最新ニュース

物流用語集