TOYO TIRE/マレーシアのタイヤ工場増設、生産キャパ倍増

2019年10月07日 

TOYO TIREは10月7日、マレーシアのタイヤ工場「TOYO TYRE MALAYSIA SDN BHD(TTM)」で、新工場棟を10月3日に竣工し、生産を開始したと発表した。

<TTM>

新工場棟は、TTM敷地内の既存工場棟に隣接して建設した。キャパシティは、既存工場棟(年産500万本)と同等規模の年産480万本を有しており、順次生産設備を増強しながら、第1ステップとして年産240万本まで生産供給量を高めていく計画。

北米向けSUV用大口径タイヤの生産供給を補完するとともに、マレーシア工場全体としての品種構成も拡充を図っていく。

■新工場棟の概要
所在地:マレーシア ペラ州タイピン(TTM内)
敷地面積:48万5000m2
着工:2018年8月
稼働:2019年10月
投資額:210億円

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集