東京建物/東京・千葉・神奈川で物流施設3棟開発

2019年10月07日 

東京建物は10月7日、横浜市都筑区、東京都あきる野市、千葉県習志野市で新たに物流施設を開発すると発表した。

<(仮称)横浜青葉物流施設プロジェクト位置図>

横浜市都筑区では、東名高速道路「横浜青葉IC」から3.0km、第三京浜道路「港北IC」から4.6km地点にある8000m2の用地を取得。「(仮称)横浜青葉物流施設プロジェクト」として、地上4階建て延床面積1万5500m2の施設を計画、2022年春頃の開業を予定している。

東京都あきる野市では「秋多都市計画事業 武蔵引田駅北口土地区画整理事業」の進出企業に内定し、物流施設の建設地2万8000m2を確保したほか、千葉県習志野市では一般競争入札で1万4000m2の市有地を落札しており、それぞれ開発計画の概要について検討を進めている。

■(仮称)横浜青葉物流施設プロジェクト
建設地:横浜市都筑区川和町字城古場654-1(住居表示)
交通:東名高速道路「横浜青葉IC」3.0km
第三京浜道路「港北IC」4.6km
横浜市営地下鉄グリーンライン「川和町駅」徒歩10分
敷地面積:8110m2
構造規模:鉄骨造、地上4階建
延床面積:1万5500m2
開業:2022年春頃

■(仮称)武蔵引田物流施設プロジェクト
建設地:東京都あきる野市
敷地面積:2万8216m2
交通:圏央道「日の出IC」2.5km
JR五日市線「武蔵引田駅」徒歩6分

■(仮称)習志野物流施設プロジェクト
地番:千葉県習志野市芝園2-1-92
敷地面積:1万4008m2
交通:東関東自動車道「谷津船橋IC」2.9km
JR京葉線「新習志野駅」徒歩17分

最新ニュース

物流用語集