三菱電機/インドに自動車機器の新工場、環境規制対応品を増産

2019年10月07日 

三菱電機は10月7日、インド グジャラート州に自動車用機器の新工場を建設すると発表した。

<新工場>

新工場は、インドで自動車用機器を製造・販売しているMitsubishi Electric Automotive India(MEAI)の拠点で、2021年10月に稼働予定。

ハリアナ州にある本社工場の分工場として建設し、需要が増加しているインドの環境規制に対応した電動パワーステアリング用モーターコントロールユニットやGMR(巨大磁気抵抗素子)回転センサー、EGRバルブ(排ガス再循環装置用バルブ)を生産する。

■新工場の概要
建設地:インド グジャラート州
構造:地上2階建て
延床面積:2万m2
生産品目:電動パワーステアリング用モーターコントロールユニット、GMR回転センサー、EGRバルブ
投資額:17億円
稼働開始:2021年10月
環境・省エネ対策:LED照明、太陽光パネル、生活排水の再利用、電力監視システムほか

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集