住友倉庫/神戸ポーアイに5万m2新倉庫、台風対策の全天候型

2019年10月07日 

住友倉庫は10月7日、神戸市中央区のポートアイランドに新倉庫を建設すると発表した。

<完成予想図>

新倉庫は地上4階建て延床面積5万m2で、10月に着工し、2020年12月の竣工を予定している。

近年多発している大型台風などに対応するため、「防災」第一の考えに基づき、1階中央部に車両通路と接車バースを配置し、強風や大雨による荷役への影響を最小化。72時間対応の非常用自家発電設備、防潮設備、強化シャッター等も採用し、自然災害への備えを強化する。

庫内には、定温庫や空調庫、書類等の情報記録媒体専用保管庫などを整備し、荷主のさまざまな物流ニーズに対応する。

<位置図>

建設地はコンテナターミナルや神戸空港、さらには市街地に近接しており、輸出入貨物の取り扱いやサプライチェーンマネジメントの要となる物流拠点として利用可能。

大阪湾岸道路が延長することで、大阪港、関西国際空港、中四国地方に直結されることとなり、物流利便性の向上が期待されている。

■新倉庫の概要
建設地:神戸市中央区港島7-14
敷地面積:3万1266m2
構造:鉄筋コンクリート造4階建
延床面積:4万9892m2
着工:10月
竣工:2020年12月(予定)

最新ニュース

物流用語集