ESR/投資額100億円、愛知県愛西市に6.3万m2の物流施設

2019年10月07日 

ESRは10月7日、愛知県愛西市にマルチテナント型物流施設「ESR愛西ディストリビューションセンター(DC)」を建設すると発表した。

<完成イメージ>

ESR愛西ディストリビューションセンター

ESR愛西DCは、愛知県企業庁が工業用地として開発を進める愛西佐織地区の用地3万3000m2に、地上4階建て延床面積6万3000m2の施設として10月8日に着工し、2020年11月8日の竣工を目指す。

ESRによる国内26件目、愛知県内4件目のプロジェクトで、総投資額は100億円を見込んでいる。

<広域図>

<周辺図>

建設地は、東名阪自動車道「蟹江IC」から7.5km、名古屋第2環状自動車道「甚目寺南IC」から7.0km、愛知県道79号あま愛西線から500mに位置し、名古屋市中心部まで15km、名古屋港まで22km、中部国際空港セントレアまで60kmの立地。

名古屋市内に加え、東海全域、関西、関東地方への配送にも対応が可能で、2020年に予定されている名古屋第2環状自動車道「名古屋西JCT~飛島JCT」の開通により、名古屋港へのアクセスが15分短縮できる見込みとなっている。

また、名鉄津島線「藤波駅」から徒歩圏で周辺には住宅地があることから、雇用の観点からも有利な立地。名古屋市近郊は物流施設の空室率が低く、ニーズの高いエリアなため、3PLによる利用や、飲料品メーカー、ECや小売業界などの商品物流の拠点としての利用を想定している。

施設は1階に33台、3階に29台のトラックバースを整備し、3階にはランプウェイでトラックが直接乗り入れ可能とするほか、2階と4階の各区画には荷物用エレベーター各2基と垂直搬送機各1基を設置。

1階は床面が地面と同じ高さになるように設計された低床式倉庫とし、トラックがそのまま構内に乗り入れてフォークリフトが自由に往来できる構造にするなど、物流運営の効率性を重視した仕様となっている。

敷地内には20台分の大型トラック待機場や、136台分の駐車場、65台分のバイク駐輪場も確保。倉庫部分は小割対応の設計で、最大6テナントへの分割賃貸に対応できる。

また、ESRの基本理念である「HUMAN CENTRIC DESIGN.(人を中心に考えたデザイン)」に基づいた設計を採用し、休憩室を配置するなどテナント従業員が働くことに誇りを持ち健康で快適に過ごせるよう設備の充実を図る。

そのほか、環境保護の施策として、倉庫、事務所、共用部へのLED照明の採用や、敷地の緑化に取り組む予定で、「CASBEE」のAランク取得を目指す。非常用自家発電機を導入し、テナント企業のBCPにも配慮する予定。

■ESR愛西ディストリビューションセンター
建設地:愛知県愛西市南河田町八龍5-8他
敷地面積:3万3376m2
延床面積:6万3358m2
着工:10月8日
竣工:2020年11月8日(予定)
構造:地上4階建て 
用途地域:市街化調整区域(都市計画南河田工業団地地区計画)
アクセス:東名阪自動車道「蟹江IC」7.5km
名古屋第2環状自動車道「甚目寺南IC」7.0km
愛知県道79号あま愛西線 500m(同道経由で国道155線にも好アクセス)
名鉄津島線「藤波駅」1km(徒歩12分)
名古屋市中心部まで15km
名古屋港まで22km
中部国際空港セントレアまで60km

最新ニュース

物流用語集